【Mac】ChromeのデベロッパーツールをF12で開くよう設定する

WindowsからMacに移って、よく使っているショートカットキーの違いに戸惑いました。 MacではChromeのデベロッパーツールを開くショートカットキーは+option+iです。 忘れてしまうので、MacでもF12で開けるように設定します。

デフォルトのショートカットキー

MacではChromeのデベロッパーツールを開くデフォルトのショートカットキーは+option+iです。 その他、Chromeの操作の中でよく使うものを抜粋しました。

操作ショートカットキー
ページの再読み込み+r
最後に閉じたタブを開いてそのタブに移動する+shift+t
開いている次のタブに移動する+option+右矢印
開いている前のタブに移動する+option+左矢印
全画面表示モードのオンオフ+ctrl+f
ウェブを検索する+option+f

その他、ChromeのショートカットについてはGoogle Chromeのヘルプをご確認下さい。
Chrome のキーボード ショートカット

ショートカットの設定方法

+option+iは忘れてしまうため、F12を押してChromeのデベロッパーツールを開くように設定します。

手順

「システムの環境設定」→「キーボード」→「ショートカット」を選択します。

apple

setting

左のメニューから「アプリケーション」を選択し、「+」ボタンを押してショートカットキーを追加していきます。

ショートカット割り当て

アプリケーションからChromeを選択して、メニュータイトルに「デベロッパー ツール」と入力。 キーボードショートカットを割り当て追加します。

ショートカット割り当て

同様に「ページを再読み込み」(F5)も追加しました。

設定が完了したらChromeで試してみてください。


Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A
Posted at 2018.12.27
Macintosh
アップル
Placeholder image

すずろく/suzu6

札幌にいるWEBアプリのエンジニア。最近はテストをもっと書きたい。

@suzu6_py Amazon ほしいものリスト

 関連記事

 新着 or 更新記事