Windowsにyarnをインストールする

yarnはパッケージの依存関係の処理がnpmよりも良いと知ったので、導入してみる。

2021-04-25: インストーラーのダウンロードリンクを変更

Chocolateyというパッケージマネジメントツールを使うと choco install yarnだけでインストール出来ます。 Chocolateyの導入方法はこちら。

WindowsのパッケージマネジメントツールのChocolateyをインストールする

環境

  • Windows10 Home
  • Nodejs v10.15.1
  • npm v6.4.1

既にNode.jsとnpmはインストール済みです。

Node.jsとnpmはこちらを参考にインストールしました。

yarnのインストール

yarnをWindowsにインストールする手順。

インストール | Yarn

AlternativesClick to expand / collapseを開いて、Download installerからとWindowsのインストーラー(.msi)をダウンロードできます。

公式からインストーラーをダウンロードします。 安定版を選択して「インストーラをダウンロードする」をクリックしてダウンロードします。

インストーラは変更箇所もなく、Nextやacceptedを選択してインストールできました。

コマンドプロンプトを開いてバージョンを確認します。

yarn -v
1.15.2

無事確認できました!

インストーラ以外にも、ChocolateyやScoopからでもインストールできます。

yarnが認識されないとき

'yarn' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

コマンドを打って上のエラーが出た場合、コマンドプロンプトを再起動してください。 PCの再起動でもできなくないです。

それでもダメな場合は、Pathが通っていないことが原因です。 再インストールするか、環境変数のPathを通します。

yarn-path

C:\Program Files (x86)\Yarn\bin

yarnのbinのフォルダのパスを追加してください。

※画像のモザイク処理が汚くて申し訳ない。

Placeholder image

すずろく/suzu6

札幌にいるWEBアプリのエンジニア。最近はテストをもっと書きたい。

@suzu6_py Amazon ほしいものリスト

 関連記事

 新着 or 更新記事