@suzu6

主にWEBと解析の技術について書きます。

広く浅くも続ければ深くなるはず。

Nuxt.jsのプロジェクトを作成してSCSSを導入するまで

新しくNuxt.jsのプロジェクトを作成してから、vue-loaderを使ってSCSSを導入するまでの手順です。公式にあるテンプレート利用しています。

SCSSとしていますがSassでも同様にできます。

環境

  • Windows 10 Home
  • Node.js v10.15.1
  • npm 6.4.1
  • yarn 1.15.2

Node.js / npm( + yarn)の導入手順はこちらで紹介しています。

導入したもの

  • node-sass: ^4.12.0
  • nuxt: ^2.0.0
  • sass-loader: ^7.1.0

Nuxt.jsのプロジェクト作成

Nuxt.jsのガイドに従ってスターターテンプレートを使ってプロジェクトの作成を進めます。 個別にインストールしてスクラッチで作成することもできますが、nuxt.config.jsの書き方など些細な点で悩むことが多いためテンプレートを使うことをお勧めします。

<project-name>sampleとしておきます。

create-nuxt-app を使用する

この項はNuxt.jsのガイド通りに進めて問題ないです。

# by npx
> npx create-nuxt-app sample

# by yarn
> yarn create nuxt-app sample

インストールが進み、sampleのフォルダが作成されました。 続いていくつか質問されます。 カーソルの位置のものを選択しています。 スタイルはスクラッチで開発する予定だったため、今回はUIフレームワークを使っていません。

? Project name (sample) # プロジェクト名は?
? Project description (My posh Nuxt.js project) # プロジェクト説明は?
? Author name (suzu6) # 制作者は?
# パッケージマネージャを選択
? Choose the package manager 
> Yarn
  Npm
# UI フレームワークを選択
? Choose UI framework (Use arrow keys) 
> None
  Ant Design Vue
  Bootstrap Vue
  Buefy
  Bulma
  Element
  iView
  Tachyons
  Tailwind CSS
  Vuetify.js
# サーバのフレームワークを選択
? Choose custom server framework (Use arrow keys) 
> None (Recommended)
  AdonisJs
  Express
  Fastify
  Feathers
  hapi
  Koa
  Micro
# モジュールを選択
? Choose Nuxt.js modules (Press <space> to select, <a> to toggle all, <i> to invert selection)
>( ) Axios
 ( ) Progressive Web App (PWA) Support
# リントツールを選択
? Choose linting tools (Press <space> to select, <a> to toggle all, <i> to invert selection)
>( ) ESLint
 ( ) Prettier
# テストのフレームワークを選択
? Choose test framework (Use arrow keys)
  None
> Jest
  AVA
# モードを選択(nuxt.configで変更可能)
? Choose rendering mode (Use arrow keys)
  Universal (SSR)
> Single Page App

インストールに成功したらのフォルダに移動して、立ち上げてみます。

> cd sample
> yarn dev

http://localhost:3000/で確認することができます。

template

SCSSを使えるようにする

本題です。

vue-loaderをインストールして.vueの中で<style lang="scss">を使えるようにします。

参考:プリプロセッサを使うには?

vue-loaderをインストール

SCSSに必要なモジュールをインストールします。

# by npm
> npm install sass-loader node-sass --save-dev

# by yarn
> yarn add npm install sass-loader node-sass

pakage.json

"dependencies": {
    "nuxt": "^2.0.0",
    "node-sass": "^4.12.0",
    "sass-loader": "^7.1.0"
  },

これで、.vueファイル内でSCSSが使えるようになりました。 Nuxt.jsのホットリロードによってSCSSの修正が即座に反映され、開発が進みます。 以下のように<style lang="scss">を使えます。

<style lang="scss">
.red {
  color: red
}
</style>

共通のSCSSファイルの設定

続いて、プロジェクトで共通のスタイルもSCSSで書けるようにします。

.scssファイルを作成

/assets/sass/app.scssを作成して、読み込みませます。 同じフォルダのSCSSファイルをimportできるか試すためvariables.scsscommon.scssも同時に作成します。

/assets/sass/app.scss

// Variables
@import 'variables';

// common
@import 'common';

/assets/sass/variables.scss

$color-bg: rgb(248, 255, 187);

/assets/sass/common.scss

body {
    background-color: $color-bg;
}

背景色を変更するだけです。

nuxt.config.jsの設定

nuxt.config.jsにファイルのパスとSCSSであることを示せば勝手にやってくれます。 すごく簡潔だった。

nuxt.config.js

/*
  ** Global CSS
  */
  css: [
    { src: '~/assets/sass/app.scss', lang: 'scss' },
  ],

背景色が変わりました! こちらもファイルを保存するだけで変更がすぐに反映されるため、スタイルをいじるのが楽しくなります。

2

その他

共通のSCSSにはnuxt-sass-resources-loaderも必要かと思っていたが、nuxt.config.jsへの記述だけで済んだ。

参考:Nuxt.jsでSassの変数を使えるようにして全ページで読み込むようにする