force protected 保護されているパーティションを強制的に消す方法【Windows】

OSを焼いたUSBにパーティションが出来ていたので消そうとしたら、force protected パラメータ設定しないと、保護されてたパーティションの削除はできません。とメッセージが出て消せませんでした。

partition

こういった保護されたパーティションはdiskpartでを強制的に消すことができます。

Diskpartで保護されたパーティションを削除する

参考: https://www.diskpart.com/jp/diskpart/diskpart-delete-partition-force.html

DiskpartでUSBのパーティションを削除していきます。 まず、タスクバーの検索窓にdiskpartと入力してDiskpartを起動します。

run-diskpart

コマンドプロンプトが立ち上がりますので、コマンドを入力していきます。

▼ 1. list disk と入力してディスクのリストを表示して、対象のディスクをselect disk nで選択します。 nはディスクの番号です。

USBだけでなくCドライブも候補に挙がるため、対象となるパーティションのサイズを見て慎重に選択してください。今回は8GBのUSBのためディスク 1 をselect disk 1と選択しました。

Microsoft DiskPart バージョン 10.0.19041.610

Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: THTH2019-NPC-00

DISKPART> list disk

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン           238 GB      0 B        *
  ディスク 1    オンライン          7728 MB  5896 MB        *

DISKPART> select disk 1

ディスク 1 が選択されました。

▼ 2. 続けて、list partition で選択したディスクの中のパーティションのリストを出します。1.と同様にselect partition nでパーティションを選択します。 n はパーティション番号。

DISKPART> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 3    システム              1829 MB   130 MB

DISKPART> select partition 3

パーティション 3 が選択されました。

▼ 3. delete partition overrideで選択したパーティションを強制的に削除します。 exitで終了できる。

DISKPART> delete partition override

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。

# diskpartを終了する
DISKPART> exit

ディスクの管理を見ても削除できたことが確認できました。 partition

以上

 関連記事

 新着 or 更新記事