WindowsのNodejsをアップデートする

WindowsのNodejsをアップデートしました。

手順は nodejs.org から変更したいバージョンのインストーラーをダウンロードしてインストールするだけです。

または、Windwosパッケージマネジメントのchocolateyを使う方法もあります。 choco install nodechoco upgrade nodeだけで管理が出来ます。 Chocolateyの導入方法はこちら。

WindowsのパッケージマネジメントツールのChocolateyをインストールする

ToC

Windwosではnが使えない

はじめ、Nodeのバージョン管理ツールのnでアップデートしようとしたらエラーがでた。

PowerShell
> npm install -g n
npm ERR! code EBADPLATFORM
npm ERR! notsup Unsupported platform for n@7.2.1: wanted {"os":"!win32","arch":"any"} (current: {"os":"win32","arch":"x64"})
npm ERR! notsup Valid OS:    !win32
npm ERR! notsup Valid Arch:  any
npm ERR! notsup Actual OS:   win32
npm ERR! notsup Actual Arch: x64

npm ERR! A complete log of this run can be found in:
npm ERR!     C:\Users\suzu6\AppData\Roaming\npm-cache\_logs\2021-04-23T15_22_56_344Z-debug.log

リポジトリに注意書きがありました。

(Note: n is not supported natively on Windows.)
訳 (nはWindowsではネイティブにサポートされていません。)
tj/n: Node version management - GitHub

正直、これが言いたいがためにこの記事を書きました。 使えると思ってたのでショックです。 node.js自体を更新する(Windows環境)の記事でも同じようにnでアップデートしようとしてた方がいました。

MacLinuxではnを利用してバージョン管理するのをお勧めします。

WindowsでNodejsをアップデートする

はじめに書いたように、手順は nodejs.org から変更したいバージョンのインストーラーをダウンロードしてインストールするだけです。

今回は v14.15.0 から v14.16.1 へ更新しました。 (新しいLTS版のv16.0.0が出ていましたが、16.1.0まで見送ります。)

↓ 更新前のNode.jsのバージョン app-node

PowerShell
> npm -v
6.14.8
> node -v
v14.15.0

また、グローバルにインストールしていたパッケージもそのまま利用できます(パッケージによってはNodeのバージョン違いによる不具合があるかもしれません)。 以下のコマンドで確認できます。

インストール済のnpmのグローバルのパッケージを確認する。

npm ls -g

インストーラーをダウンロードする

https://nodejs.org/ja/ から変更したいバージョンのインストーラーをダウンロードします。

node

Windows (x64)のv14.16.1をダウンロードしました。 ダウンロードしたインストーラーを起動します。

Node.jsをインストールする

インストールと同じようにインストーラーを進めるだけで新しいバージョンへアップデート出来ます。 node

node

node

↓ パスなどの設定は特別変えてない限りそのままで大丈夫です。 node

↓ Windwosパッケージマネジメントのchocolateyを勧めています。チェックはどちらもよい。 node

↓インストール開始。 node

node

node

以上でアップデートが完了です。

# アップデート前
> npm -v
6.14.8
> node -v
v14.15.0

↓

# アップデート後
> node -v
v14.16.1
> npm -v
6.14.12

 関連記事

 新着 or 更新記事