WindowsのパッケージマネジメントツールChocolateyとWingetの雑感

CentOSのyumやDebianのaptのように、WindowsでもCLIでパッケージを管理するツールがあります。 CLIで扱えるWindowsのパッケージマネジメントツールについての雑感を書きました。

ToC

WindowsのパッケージマネージャとChocolatey

chocolatey.org

chocolatey

Windowsでアプリをインストールのは、基本的に、Windowsストアやアプリのサイトへ行ってインストーラーをダウンロードしてポチポチNEXTをクリックしてインストールしています。 アップデートするときもインストーラーを探してダウンロードして…って手順を繰り越してました。

CentoOSのyumやDebianのapt、MacのhomebrewのようにCLIで管理できればコマンドひとつで導入できますし、スクリプトを書いて環境構築を自動化することも可能になります。

Windowsのパッケージマネージャは今までもScoopOneGetなどが作られてきました。 その中でも、コミュニティが活発で登録されているパッケージの件数も多いためChocolateyが人気なようです。

Wingetについて

wingetは2020年5月にプレビュー版が発表されました。

Windows Package Manager Preview | devblogs.microsoft.com

Winget

wingeは他と比べ後発ですので対応するOSの制約もきつくなく、他のパッケージの良いところを取りこむ可能性があります。 Microsoft社謹製なのもあってかwingetの対応するパッケージも参考記事の頃より約5倍に増えていますね。 wingetは今後伸びるはずですので注目していきます。

2021年05月にv1.0のリリースをする予定です。 Windows Package Manager v1.0 Roadmapにv0.1からのマイルストーンが一覧になっており開発状況がわかります。 現在(2021/04/25)はv0.20前後まで進んでいるようです。 依存関係のサポート(v0.7)やwinget install app-1 app-2 app-3のように複数のアプリをまとめてインストールする機能(v0.26)のissueはまだOpenになっていますね。

どのパッケージマネージャを選ぶべきか

機能ChocolateyScoopwinget
開発の中心Chocolatey Softwarelukesampson様(個人)Microsoft社
初版2011年3月~2013年9月~2020年5月~プレビュー版
ソフト分類OSSOSSOSS
パッケージ登録数※8,636>3,000>1,350
利用可能なOSWin7~, Win2003~Win7~, Win2008~Win10(ver 1709~)

winget、Chocolatey、scoop の比較と開発環境の構築自動化から表を一部抜粋して、パッケージ登録数を更新しました。

パッケージの数はChocolateyが一番多いです。

選ぶ規準としては、コミュニティが活発で利用したいアプリが対応しているかが大事かな と思います。 私はWindowsに色々いれたいので数が多いChocolateyを選択しました。

ただ、Windowsストアや各プロジェクトのインストーラーを探すのが厭わないのであれば、CLIを使う程ではないかもしれません。

 関連記事

 新着 or 更新記事