amchartsで時系列データのグラフを作成 | javascript

グラフを描きたくなったので、気になっていたamchartを使って色々作ってみる。 目標はデモにあるLine Graphを作成すること。

amcahrts

amCharts

amCharts

amCharts 4 Demos

amcahrts

シンプルなグラフの描画はChart.jsが使いやすくて好きです。 高機能で綺麗なデザインのものだとhighchartsjsが有名ですがお高いので(単一開発者ライセンスが8万円ほど)、劣らず綺麗なamChartsを利用していきます。

ライセンスについて

料金

Free license

Use anywhere you want as long as you don't mind a small amCharts attribution on charts

フリーライセンスでは、amChartsのリンクを気にしなければどこでも使えるようです。

グラフにあるリンクはバージョン4になってからとても可愛らしくなってくれました。 隅っこにあるため気にならない。

このリンクを外したい場合は、購入する必要があります。

利用方法

npmかCDNでも利用できます。 ここではチャートを利用する場合を載せます。

npm

npm install @amcharts/amcharts4

CDN

<script src="https://www.amcharts.com/lib/4/core.js"></script>
<script src="https://www.amcharts.com/lib/4/charts.js"></script>

ダウンロードはこちらから。

データ

ランダムでも良いがせっかくなので実データを使う。

札幌の気温と降水量を気象庁の過去の気象データからダウンロードして、少し加工した。

sapporo_201812.csv

リンクのファイルはUTF-8でエンコードしているためExcelだと文字化けするかもしれません。

年月日,平均気温(℃),降水量の合計(mm)
date,temperature,rain_volume
2018/1/1,0.4,9.5
2018/1/2,1.1,3
2018/1/3,-0.7,3.5
2018/1/4,-1.7,4.5
2018/1/5,0.1,0.5
(略)

時系列データにするにはjson形式へ変換が必要です。

こちらを使ってにcsvからjsonに変換した。

sapporo_201812.json

[
  {
    "date": "2018/1/1",
    "temperature": 0.4,
    "rain_volume": 9.5
  },
  {
    "date": "2018/1/2",
    "temperature": 1.1,
    "rain_volume": 3
  },
  {
    "date": "2018/1/3",
    "temperature": -0.7,
    "rain_volume": 3.5
  },
  (略)
]

やってみる

デモを真似てグラフを作成した。

<script src="https://www.amcharts.com/lib/4/core.js"></script>
<script src="https://www.amcharts.com/lib/4/charts.js"></script>
<!-- アニメーションを追加した -->
<script src="https://www.amcharts.com/lib/4/themes/animated.js"></script>

<script src="/images/posts/56/amcharts_samples.js"></script>

<!-- スタイル -->
<style>
#chartdiv {
  width: 100%;
  height: 500px;
}
</style>
<!-- グラフの描画先 -->
<div id="chartdiv"></div>

アニメーションでリッチに表現するためanimated.jsを追加しています。

window.onload = function () {
  // 気象データ
  var jsonUrl = '/images/posts/56/sapporo_2018.json';
  // グラフ描画
  drawChart(jsonUrl);
}

function drawChart(jsonUrl) {
  // アニメーションテーマを使う
  am4core.useTheme(am4themes_animated);

  var chart = am4core.create("chartdiv", am4charts.XYChart);
  // chart.data = data;
  // ファイルの読み込みもできる
  chart.dataSource.url = jsonUrl;

  var dateAxis = chart.xAxes.push(new am4charts.DateAxis());
  // グリッド間隔
  dateAxis.renderer.minGridDistance = 60;
  var valueAxis = chart.yAxes.push(new am4charts.ValueAxis());

  // 時系列データ
  var series = chart.series.push(new am4charts.LineSeries());
  series.name = "temperature";
  series.dataFields.valueY = "temperature";
  series.dataFields.dateX = "date";
  series.tooltipText = "{valueY}"; // demoでは"{value}"となっているが間違い。

  series.tooltip.pointerOrientation = "vertical";

  // カーソルに追従するライン
  chart.cursor = new am4charts.XYCursor();
  chart.cursor.snapToSeries = series;
  chart.cursor.xAxis = dateAxis;

  // スクロールバー
  //chart.scrollbarY = new am4core.Scrollbar();
  chart.scrollbarX = new am4core.Scrollbar();
}

dataはchart.dataSource.urlにjsonファイルのURLを渡すと勝手に読み込んでくれます。

カーソルを合わせた時に出るツールチップのテキストは"{valueY}"として下さい。 ドキュメント通りに"{value}"とするとツールチップが出ません(2019/01/08確認)。

カーソルに合わせて詳細もわかりやすいですし、上部のスクロールバーに合わせて滑らかに動くので楽しい! 表示箇所に合わせて縦軸の範囲も変わってますね。

もう少し改良する。

他のデモやドキュメントをみながら、グラフを見やすく変えていきます。

<!-- グラフの描画先 -->
<div id="chartdiv2"></div>
window.onload = function () {
  // 気象データ
  var jsonUrl = '/images/posts/56/sapporo_2018.json';
  // グラフ描画
  drawChart2(jsonUrl);
}

function drawChart2(jsonUrl) {
  // アニメーションテーマを使う
  am4core.useTheme(am4themes_animated);

  var chart = am4core.create("chartdiv2", am4charts.XYChart);
  // chart.data = data;
  // ファイルの読み込みもできる
  chart.dataSource.url = jsonUrl;

  var dateAxis = chart.xAxes.push(new am4charts.DateAxis());
  dateAxis.title.text = "sapporo";
  // グリッド間隔
  dateAxis.renderer.minGridDistance = 60;
  var valueAxis = chart.yAxes.push(new am4charts.ValueAxis());
  valueAxis.title.text = "temperature (℃)";

  var valueAxis2 = chart.yAxes.push(new am4charts.ValueAxis());
  valueAxis2.title.text = "rain_volume (mm)";
  valueAxis2.renderer.opposite = true;
  
  
  // 時系列データ
  var series1 = chart.series.push(new am4charts.LineSeries());
  series1.name = "temperature";
  series1.dataFields.valueY = "temperature";
  series1.dataFields.dateX = "date";
  series1.tooltipText = "{valueY} ℃"; 
  series1.tooltip.pointerOrientation = "vertical";
  series1.strokeWidth = 2;
  series1.tensionX = 0.7;
  // series1.bullets.push(new am4charts.CircleBullet());
  
  
  // 2こ目の時系列データ棒グラフ
  var series2 = chart.series.push(new am4charts.ColumnSeries());
  series2.name = "rain_volume";
  series2.dataFields.valueY = "rain_volume";
  series2.dataFields.dateX = "date";
  series2.tooltipText = "{valueY} mm"; 
  series2.tooltip.pointerOrientation = "vertical";
  // series2.bullets.push(new am4charts.CircleBullet());
  
  // レジェンド
  chart.legend = new am4charts.Legend();

  // カーソルに追従するライン
  chart.cursor = new am4charts.XYCursor();
  chart.cursor.snapToSeries = series1;
  chart.cursor.xAxis = dateAxis;

  // スクロールバーに気温のグラフを表示
  var scrollbarX = new am4charts.XYChartScrollbar();
  scrollbarX.series.push(series1);
  chart.scrollbarX = scrollbarX;
}

降水量は棒グラフにしてみました。 seriesを増やせばうまく追加してくれるようです。 軸も2つにしたんですが、値が近いためか別れてくれませんでした。 レジェンドをクリックすると、表示/非表示が切り替えられます。

スクロールバーにはサマリー的な表示ができました。 初期表示を直近の分だけにしようと調べましたが、いまいちわからないので全体表示になっています。

とりあえずここまで。

amChartで遺伝的浮動のシミュレーションを描画してみました。 合わせてこちらもどうぞ。

眺めていられる遺伝的浮動のシミュレーション

 関連記事

 新着 or 更新記事